徒然にアロマ日々の出来事について載せていこうと思います。
橘と立花を掛けていた⁈
岡本幸江プロデューサーは 奥の奥をさり気無く表現していた事に驚きだ。
NHKのおんな城主直虎のドラマの軸にあるものはやはり『橘』だと思う。
 あからさまに『橘』を出す事は少ないものの、「井伊家発祥の地は井戸端にあり、物語の最後まで井伊家の原点であり守るべき場所として出てくると思うので、どんなに井伊谷が戦で焼かれようとも、井戸は枯れずに拠り所となっていく…」
と、インタビューにあります。
 井伊家家紋は井戸の井紋と橘紋。井伊家発祥の由縁は井戸の傍に橘の木が生えおり、そこに捨てられていた男児(井伊共保)が井伊谷の八幡神主に拾われた事に始まるそうですが、八幡神社自身も橘紋である所が多く『橘』の真の強さを様々に表現しているように思います。
  岡本プロデューサーは井戸の側にある龍潭寺や『天白磐座遺跡』にあるイワクラを意識している所からも神聖さを大切にしている事がわかります。
  そして、設定の随所に花「戦う花」が出てくるのは『立花』と言って武士のたしなみとしての生け花の一つの様式を表現しているそうです。直盛(杉本哲太)も、悩んだときに花を活けながら話す…など、わざわざ『立花』として扱っています。
 また、井伊谷の設営場所を岩手県にしています。スタッフが良い所を見つけてくれて…とありますが、その昔、陸奥国和賀郡を所領とした和賀氏族が現在の岩手県北上市二子町の北上川対岸に橘郷(現・北上市立花)に和賀行時の時代、血縁者を住まわせ、村名を橘内(きちない)村としました。
「橘内」の地名は近代まで小地名として残っています。
この地に住んだ行時の血縁の者が「橘」の姓を名乗ったものが、後に立花村に改名した頃に、姓も「立花」と改めています。とあります。
『橘と立花』はある種同義的な意味を持ち、それを随所にさり気無く表現しています。
  そして、クライマックス見どころを迎えた直虎と小野但馬守政次。
 奈良の伝説、垂仁天皇の命で、不老不死の霊薬『橘』を常世の國から10年かけてやっとの思いで持ち帰った田道間守の話しは有名ですが田道間守のルーツは但馬に始まります。
小野但馬守政次と直虎(橘)。
困難を極め、タチバナをタヂマモリが守るという所は共通しているようですね。
岡本幸江プロデューサーの真に伝えたい事は『橘』にまつわる歴史から浮かんでくるようです。

お供え物に大和橘の実が3つあります。
因みに『なら橘プロジェクト』からの提供(本物)だと思います。
NHKオンラインより
http://www.nhk.or.jp/naotora/
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

徒然アロマ

Author:徒然アロマ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR