徒然にアロマ日々の出来事について載せていこうと思います。
今日は雛祭りでしたが、お殿様とお姫様の位置に疑問を持ったこと、ありませんか?
どちらに置いたらよかったけ⁇
どうやら、関東と関西では違うようです。
関西では京雛と言って向かって『右』がお殿様。
京雛は御所は玉座の位置に基づいたものだそうです。
関東では向かって『左』がお殿様。
この違いの理由。
日本古来から「左上座」が一番偉いので向かって右がお殿様。
しかし、明治時代大正天皇即位の時、国際儀礼の右が上位の考えを受け入れ、天皇が向かって左に立たれたことから始まったそうです。
左近の桜、右近の橘の桜と橘の関係はお殿とお姫の関係性であり、国を支える者の象徴とも言えます。
桜は武士を表す男性、橘は子孫繁栄と占術を司る女性…
のような意味あいがあるのだと思います。
お雛様の立ち位置を変えるのなら本当は桜と橘の位置関係も変わってくるのかも?
この歳でも頂くとやっぱり嬉しい雛あられ。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

徒然アロマ

Author:徒然アロマ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR