徒然にアロマ日々の出来事について載せていこうと思います。
橘逸勢~井伊家~日蓮聖人まで。
日蓮宗の家紋が井に橘であるのは何故なんだろう?
と、ふと思い、ルーツを追ってみたら途切れ途切れに封印されているものを繋げると繋がるものですね~。
橘逸勢(たちばなのはやなり)は空海、嵯峨天皇と共に三筆で知られる平安時代の貴族、橘の姓は藤原不比等の皇后橘三千代に始まりその孫子にあたります。
しかし、聖人と崇められていた橘逸勢は嵯峨上皇が没した後、藤原氏により無実の罪で「非人」となり、伊豆に護送中、静岡の「遠江」で没します。
後を追っていた娘は、逸勢をその地に埋葬し、尼となり名を妙冲と改め、墓の近くに草庵を営み、菩提を弔い続けました。
実は、妙中は子を産んでいたと言う説がある。↓
遠江国井伊谷は井伊氏初代当主 井伊共保(いいともやす)が治めた地 。
井伊共保は捨て子であり、井伊谷の八幡宮神主に拾われた時に御手洗の側に「橘」が咲いていた事が橘紋に繋がったとされますが、勿論、井伊谷には自生する橘がある事や、拾われたのが八幡宮であることなど、橘に行き着く伝承としてはぴったりですが、とても橘に拘る所から考えれば、橘逸勢の血を引く子として考えるのが普通ではないか…
何故拾い子とされていたか。
橘逸勢が非人とされ、その血族である事を隠すため、養子として引き取った三国(藤原)共資の策だったのかもしれない。
そして、時は平安時代後期頃、井伊盛直の三男 政直が遠江国山名郡貫名郷(とおとうみのくに やなまぐん ぬきなごう)に所領を得て、初代 貫名氏となりました。貫名氏は日蓮聖人の系譜。
ですから、日蓮宗は井に橘紋なんですね~
橘三千代の執念か…
幾度となく、血族を藤原氏に叩かれては、這い上がる橘の強さを今に感じます。
何故、井伊直虎がおんな城主としてドラマ化されたのか。
そして、なんとなく多胚種である橘の個性が現れているような気がする…
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

徒然アロマ

Author:徒然アロマ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR