徒然にアロマ日々の出来事について載せていこうと思います。
噂の縁起物行商『橘』さんに出逢えました!
 新年明けましておめでとうございます。
皆様、良いお年をお迎えのことと思います。
私も、朝から縁起がいい出会いがありました♪
今朝は、氏神様である鏡神社に参拝した後、春日大社にお参りする前に、摂社である金龍神社へ参拝しました。
金龍神社は代々、橘家が御守りしているそう(橘プロジェクト城会長づて)なので、参拝しなくては!と思い、伺いました。
 これといって橘社紋などは無く、由縁が分かりませんが、元弘元年(1331)の元弘の変で後醍醐天皇が笠置へ逃れる途中に春日大社に身を隠された時に、一面の鏡を奉安し、天下泰平を祈祷したのが始めとされています。
一面の鏡とは?後醍醐天皇は三種の神器を持って挙兵した。とあります。ですからこの鏡が八咫鏡だとしたら、橘に繋がっていきます。そして金龍神社は別名「禁裡殿」とも呼ばれている事からもその重みを感じます。
金龍神社、金運、開発発達の神とあります。種の多い橘は見た目の黄色さやその鈴なりに成る姿からそうであっても想像はつきます。
という事で、本殿へ…
や~人の多さにびっくり!本殿は日を改めさせて頂いて。
ならまちの方に下って行くと、噂の縁起物行商さんに!新年から夢叶うじゃありませんか!
縁起物行商さんは橘流寄席文字家元橘右近さんに弟子入りした『橘右佐喜』さんの息子さん。
ならまち界隈に出没して、何処で逢えるか分からない。逢えた事でも縁起の良さを感じます♪
なんか『橘』って不思議な霊力を放ってますね♪
今年も、皆さま宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

徒然アロマ

Author:徒然アロマ
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR